寝ながらストレッチ

改めて、ウエストのくびれを作るにあたってストレッチすることの意味をお話しします。
くびれがない原因の一つは姿勢が悪くなったり、筋肉がよく動かなくなったりして筋肉同士の組み合わせの形がゆがんで、くびれが崩壊するためです。
また、それによって内臓が下垂してしまうことも原因です。
ですからストレッチによって、もう一度おなかや腰回りの筋肉を動きやすくするのです。
筋肉が動くと姿勢が正され、内臓が元の位置に戻ってくびれができてきます。
また、筋肉が動くことでウエスト周りの脂肪が燃焼され、くびれができてきます。
これがストレッチの意義です。
ここをよく理解してくびれストレッチを行っていきましょう。

 

今回は寝ながらできるストレッチです。

 

@ うつ伏せになります。
A 両腕を立て上半身を起こして反らしていきます。
 痛くなくちょうどいい気持ちよさのところで止めて10秒間キープします。
 真ん中の腹筋、腹直筋がとても伸びていることが分かると思います。
B 今度は腹斜筋を伸ばします
 そのままの姿勢で、首ごと上体を右にひねります。
 左の脇腹の腹斜筋が伸びているのが分かると思います。
 腹斜筋はくびれに大切な筋肉なので、日常生活の中でも動いてもらうように、「お前は動ける筋肉なんだよ。もっと動いていいんだよ。」と言い聞かせながらストレッチします。
 そのまま10秒キープします。
C 逆に体を左にひねります。
 右の腹斜筋が伸びているのを確認します。
 そのまま10秒間キープします。

 

以上になります。
楽々ストレッチなので、他のストレッチと組み合わせても時間はかからないと思います。