寝ながらエクササイズ

くびれをつくるために一番重要なインナーマッスルである腹横筋を鍛えるエクササイズです。
代表的なエクササイズで、ロングブレスダイエットと同じ原理です。
寝たままできるので部屋でゴロゴロしているときにやってみましょう。

 

@ 仰向けに寝ます。
 両膝をナチュラルに立てます。
 おなかに両手を当てます。
A 鼻から息を大きく吸います。
 極端な腹式呼吸をイメージしてください。
 下っ腹に空気を入れるように、思いっきり下っ腹を出っ張らせてください。
 妊婦さんのようになりましょう。
B そして今度は逆に思いっきりおなかをへこませます。
 鼻からではなく口から息を吐いていきます。
 吐くスピードは自分のやりやすいスピードで大丈夫です。
 へこんでいく感覚を手で確かめてください。
 へこませたら、さらにへこませます。
 全てのおなかの内臓を圧縮して、重力で押しつぶすイメージでへこませてください。
 背中に押し付けてやりましょう。
 これ以上へこまないか手で確かめて、より意識しましょう。
 この時腰と床の隙間の部分が少し埋まるようになると思います。

 隙間を完全に埋めて床に押し付けると腰が痛いと感じる人もいると思いますので、少し開けた状態で大丈夫です。
一番へこんだ状態で5秒キープします。
C これを5回繰り返してください。
 できればこれを3セット行いたいのですが、一度に行うと楽々エクササイズとは言えませんので、一日の中で分けて行っていただいて結構です。

 

慣れてきたら、5回を10回に増やすのが理想です。
最初のうちはきついと思いますから、楽々でいきたいので5回で大丈夫です。