横座りストレッチ

次は座ってするストレッチをご紹介します。
腹斜筋の下の方と腹直筋の下の方を伸ばすストレッチです。

 

@ 横座りをします。(お姉さん座り)
 最初は左足を横に流して、右手を床につく形で座ります。
A 次に左手を右側に回して、右手の隣に添えて床につきます。
 四つん這いをひねって崩して様な姿勢になります。
 肩は完全に横向き90度にならなくていいので、斜め前方45度くらいのナチュラルな角度で大丈夫です。
B ここからがストレッチです。
 少し両手に体重をかけます。
 両手に体重をかけながら、右の骨盤の上の方のでっぱりあたりをそのまま右側に倒して、床にくっつけようとしてください。
 実際にくっつける事は出来ませんので、くっつけるように右に倒してみてください。
 右の腹斜筋が伸びるのが分かると思います。
C そのままの姿勢をキープしつつ、肩と上体をさらにひねり完全に横向きにしてください。
 自然と右ひじが曲がってくると思いますが、それで大丈夫です。
 上体を徐々に右にひねっていくと、特に腹斜筋の下の方の伸びがきつくなってくると思います。
 それを実感しながら、気持ちがいいところまでひねってください。
 さらに、腹直筋の右下あたりも伸びてくると思います。
 この姿勢を10秒キープします。

D 上体を正面に戻し、脚を右向きにして逆方向に横座りをします。
 同じように左腹斜筋を伸ばします。
 10秒キープします。

 

この二つの伸びている筋肉は、普段使わない筋肉でつりやすいので気を付けてください。